アリーナ 加古川 データ イベントの抜け道?屋台や景品販売に注目して勝つ方法

屋台

パチンコ屋ではイベント規制とは名ばかりに、グレーゾーンを攻めた示唆をやるホールも多いです。

多いパターンは店内POPを特別なものに変更、もしくはラインで示唆っぽいものを送ってくる場合もあります。

今回はホールの外に呼ぶ屋台、そして店内で販売している景品により何が変わるのかお伝えしていきます。

ホールの傾向、何かしらによる変化を知ることで勝てる可能性は高くなることは間違いないでしょう。

パチンコ なつみ


まずホールの外に出ている屋台、たこ焼きや焼き鳥など多いですが、移動販売として車で会場など渡り歩いて販売しているタイプです。

もちろん販売するには系列店だと本社、そしてマネージャーなどと話し合い相談することになるでしょう。

ホールが呼ぶメリットとして、「屋台が来る日ですよー」とアピール出来ること。

場所代を取るわけでもないでしょうし、売れた分の何割を納めろなんてことも無いと話には聞いていますので、集客の意味合いが強いです。

同じく入荷する景品ラインナップも、物販で利益を出すことを目的とするのではなく、あくまで それを目当てにした客を呼ぶこと にありますね。

ですので、「ジャグラー景品入荷」や「バジリスク景品入荷」と称してカジノ bgmを強くするホールもあるわけです。

パチンコ カード 出し 方


では肝心の、屋台や景品入荷がアツいのかという部分ですが、これは正直ホール次第です。

ジャグラー景品がいくら入荷しても、設定2ベースが設定3になったところで勝てませんし、パチンコも1回転回るようになった程度で勝てるほど甘くないですよね。

屋台が来た日は全体的にアツいとなっていても、ベースが多少上がる程度では狙うことは難しいです。

ですので、このような催しが行われた際に、 極端に変わったデータがないか? に注目していくと良いでしょう。

もちろんホールが良釘・高設定を使ってくれる前提の話になってきますが、平日や特定日以外でもこのような傾向を知ることが出来ると、ライバルが少なく攻めることが出来ます。

ラインなどは登録者全員に届きますし、特定日は自然に人が集まるので、そのような細かい傾向も知っておくと長く戦える環境になるでしょう。

スロパチ 神奈川

屋台
少し前の話になりますが、普段特定日がない中規模ホールに通っていたころ。

そのホールではラインにて 特定の絵柄が来ると強い日 、設定6をしっかり使う店として重宝していました。

一般ユーザーよりも、その日は情報に敏感な専業が10人前後集まる程度で、競争率は低めと言える環境です。

月に3回程度しか無かったため、その日予定が無ければ行ってましたし、データサイトがないホールのため行かない日のデータが分かりません。

そんなホールに、ハイエナで回っている際に20時頃立ち寄る機会があり、見てみると2台カジノ bgmのハナビを専業らしき2人がぶん回し体勢に入ってました。

あきらかに平日なのにピンポイントでハナビの設定56を狙うのは難しく、 何かしら根拠があるのだなと確信 して、次から時間があるときは覗くようにしましたね。

結果として、ほどよい間隔で2台カジノ bgmや3台カジノ bgmにオールが見られ、どうやら5人くらいの専業が探しながら打って回っている様子でした。

ただ少数カジノ bgm自体が10カジノ bgmで、大体がローテーションで回されていることから、5カジノ bgmくらいに絞ることが出来ているようで、朝から十分チャンスがある日だということが分かりました。

どっち

その日何かしら示唆がされているのか探していると、何気ない屋台販売が来ているだけ。

で、次に屋台のラインが入った時に朝一から行くことで、無事オールカジノ bgm探しに参戦出来ました。

幸いなことにデータ公開がなく、特定日があるような大型ホールでもないので、一般ユーザーが座り全埋まりすることもない状況がしばらく続きました。

最初から気付いていた専業にとっては人が増えると嫌だったかもしれませんが、比較的早い段階で気付けたことで、抽選勝負にならず数ヶ月はお世話になりましたね。

結局軍団に気付かれて打ち子が増えてきた段階で、ホールも嫌がり入らなくなってしまいました。

このような屋台で長く続くことは稀ですが、最初に気付けて戦えると、高設定や良釘などライバルに悟られずツモることが出来ます。

都内 スロット イベント


昔からジャグラー景品、北斗景品、バジリスク景品のように何かしらのカジノ bgmを示唆しているようなグッズを入荷することがあります。

ただこの景品示唆にも頻度が重要で、毎週何かしらの景品を入荷して煽っているホールでは期待できません。

冒頭でも言った通りですが、毎週やるようなグッズ入荷の場合は、例えばバジリスクでも20台設置で高設定を1台使うかどうか。

ホールにもよりますが 平日から常に設定6をガンガン使うようなことはほぼ無い と言っていいでしょう。

ただそのホールで初めて入れるような景品があれば注目すべきですね。

例えばYotube動画を配信している媒体のスロパチステーションは、「スロパチ取材」と称した取材を各地のホールで開催しています。

ホールで元々決められている特定日でなくても、スロパチ取材が入る日は強いとされていますね。

地域により取材の事前告知が禁止になったところもありますが、 「スロパチ景品入荷!」 などと煽ってくるパターンも非常に増えてきています。

禁止が全く意味のないように思われるほど露骨ですが、ユーザーとしてはアツい日が知れて嬉しいですね。

ですがこのような取材は何がアツいかなど過去の傾向を知らないと、ピンポイントで狙うことも難しいので注意が必要です。

沖縄 パチンコ ば くさい


僕はスロットハイエナをメインでやっていた時期も長いですが、設定狙いも5号機時代からですが複数人で長い期間やった経験があります。

もちろん毎回見事な立ち回りを出来るわけでもなく、 失敗ばかりで学んでいくもの だと思っていますね。

今回ご紹介した屋台や景品の癖、強弱などを早く知ることで、短期間ではありますが凌げるだけの状況が手に入り今後も同じ事が開催されると使えますから。

状況は水物でずっと同じ環境が長く続くことは少ないと思っているので、細かいことにもアンテナを張り巡らせておくことをおすすめします。

何回も様子を見て逃していると、いざ準備して向かった際にはすでに状況が変わってしまったことも良くあるので注意してください。

長く続く癖やデータから同じ傾向を攻めることも良いですが、その時旬の立ち回りを取り入れることで、ライバルに差をつけることが出来るでしょう。