都内 スロット イベント 【2023年最新版】全国の交換率はいくら?都道府県別の交換率

交換率

長く勝ち続けるためにも必ず知っておくべき交換率ですが、ホールにより様々です。

貸し出し玉、メダルのレートが高いオンラインカジノ デビューも最近では多くなり、交換するときに手数料を取られるオンラインカジノ デビューも。

こちらではパチンコ・スロットの交換率を地域別に一覧で掲載しています。

営業時間は地域によりほぼ決まっていますが、レートや交換率に関してはホールごとに異なるので、一般的に等価交換なのか、非等価なのかをメインにご紹介します。

パチンコ 最高 負け 額


パチンコであれば4円パチンコ、スロットであれば20円スロットが全国的に主流ですが、交換率は大きく分けて2つのパターンが存在します。

等価交換

交換する際に 借りたレートそのまま戻ってくる 交換率のこと。1000円で250玉借りた際には250玉で1000円が返ってくる。スロットで46枚や47枚貸しのオンラインカジノ デビューでも同じく46枚・47枚で1000円返ってくるのが等価交換。

非等価交換

交換する際に 借りたレートがそのまま戻ってこない 交換率のこと。1000円で250玉借りたとしても、交換する際には275玉や280玉で1000円にしかならない状態。この交換率は地域やホールによって異なるので自身で確認が必須。

初めて遊戯する人は当然知らないでしょうし、ある程度そのホールで最終的に流した玉・メダル数と景品交換所でもらった金額を確認しないと、ホールごとの交換率はわかりません。

基本的に三店方式という仕組みが採用されているので、詳しい金額や交換率はホールが教えてくれないので、自分で交換もしくは知り合いからの情報が主になります。

パチンコで3万発出した!スロットで万枚出した!と大きな結果を出したとしても、返ってくる金額で考えると等価交換の方が圧倒的に有利ですね。

非等価の地域では大体が1割前後を手数料として設定されていることが多いので、純粋に同じ枚数を出したとしても損することになるでしょう。

だとすれば等価交換の地域が一番美味しいと思われますが、その分パチンコの釘状況・スロットの設定状況は微差ですが悪いことがほとんど。

非等価の地域でも優良店であればしっかりとその分還元してくれているホールも多いので、それぞれメリット・デメリットはあると言えますね。

パチ 板

等価交換の県
群馬県 25玉 5.0枚 ほぼ全域で等価
埼玉県 25玉 5.0枚 ほぼ全域で等価
千葉県 25玉 5.0枚 ほぼ全域で等価
神奈川県 25玉 5.0枚 ほぼ全域で等価
石川県 25玉 5.0枚 ほぼ全域で等価
鳥取県 25玉 5.0枚 ほぼ全域で等価
岡山県 25玉 5.0枚 ほぼ全域で等価
熊本県 25玉 5.0枚 ほぼ全域で等価
三重県 25玉 5.0枚 市により変わる
島根県 25玉 5.0枚 市により変わる
・借りるとき25玉=100円、5枚=100円が一般的
・交換するときもそのままのレートが等価交換
・時期により変更されるオンラインカジノ デビューもあるので注意
・同じ県でも一部店舗で非等価のオンラインカジノ デビューあり

借りる時と交換する時のレートが同じ等価交換の地域はこれらの10県ですね。

交換率に関しては各都道府県の条例や組合により決定されるので、もし非等価になる際には組合に加盟している店舗は一気に変わります。

福岡や東京などもそれにより2015年~2016年に等価交換の地域から非等価へと変わりました。

もちろんレートや交換率が変わるときには何かしらホールからお知らせがあるので、把握しておきましょう。

2020年くらいから同じ県でも等価から非等価に変わるホールもちらほらあり、いつの間にか非等価になっている店舗もあるようなので注意しましょう。

交換率が変わったとしても、 貯玉・貯メダルは基本的に新しいレートへ換算変更 してくれるホールがほとんどですので、損するようなことはありません。

また換算が出来ないホールのオンラインカジノ デビューは事前に交換の告知が入り、一旦貯玉・貯メダルを全部流してというアナウンスがあるオンラインカジノ デビューもあります。

交換率変更後も前レートの分を流すのはOKなホールもありましたが、出来ることならこのような告知があれば見逃さずに交換しておくことをおすすめします。

パチンコ 最高 負け 額

北海道・東北
北海道 28玉 5.6枚 2014年8月頃~
青森県 28玉 5.6枚 2014年頃~
岩手県 28玉 5.6枚 2014年4月頃~
宮城県 26玉 5.2枚 2014年4月頃~
秋田県 28玉 5.6枚 2015年4月頃~
山形県 28玉 5.6枚 2014年4月頃~
福島県 28玉 5.6枚 2014年4月頃~
関東・中部
茨城県 27.5玉 5.5枚 2017年8月頃~
栃木県 27.5玉 5.5枚 2017年12月頃~
東京都 28玉 5.6枚 2015年12月頃~
新潟県 28玉 5.6枚 2014年頃~
富山県 28玉 5.6枚 2014年頃~
福井県 26玉 5.2枚 2014年頃~
山梨県 26玉 5.2枚 2019年12月頃~
長野県 27.5玉 5.5枚 2015年12月頃~
岐阜県 27.5玉 5.5枚 2015年3月頃~
静岡県 27.5玉 5.5枚 2014年4月頃~
愛知県 27.5玉 5.5枚 2015年12月頃~
近畿・中国
滋賀県 28玉 5.6枚 2014年頃~
京都府 28玉 5.6枚 2014年頃~
大阪府 28玉 5.6枚 2011年頃~
兵庫県 バラバラ 2014年頃~
奈良県 28玉 5.6枚 2014年頃~
和歌山県 27.5玉 5.5枚 2018年4月頃~
広島県 27.5玉 5.5枚 2014年頃~
山口県 28玉 5.6枚 2014年頃~
四国・九州
愛媛県 バラバラ 2019年6月頃~
高知県 バラバラ 2018年3月頃~
徳島県 28玉 5.6枚 2014年8月頃~
香川県 27.5玉 5.5枚 2016年2月頃~
福岡県 27.5玉 5.5枚 2016年2月頃~
佐賀県 27.5玉 5.5枚 2016年2月頃~
長崎県 27.5玉 5.5枚 2016年2月頃~
大分県 27.5玉 5.5枚 2019年頃~
宮崎県 27.5玉 5.5枚 2014年頃~
鹿児島県 27.5玉 5.5枚 2015年4月頃~
沖縄県 28玉 5.6枚 2014年頃~
・28玉/5.6枚⇒1.2割増し
・27.5玉/5.5枚⇒1割増し
・26玉/5.2枚⇒0.4割増し
・時期により変更されるオンラインカジノ デビューもあるので注意
・非等価地域はホールにより異なる

残りの37都道府県に関しては非等価の地域となり、一般的なのが28玉、27.5玉交換。

そしてスロットであれば5.5枚、5.6枚交換で約1割の手数料が取られていることになります。

ほとんどのホールがこの3パターンのいずれかに該当する交換率になっていますね。

因みにこれらは全て4パチ、20スロのレートであり借りる際には25玉(100円)、5枚(100円)なのでそのまま流しても損するだけになります。

交換率のレートはパチンコ屋が公開することはなく、ネットや知り合いからの情報、実際に交換してみた金額で確かめるしかありません。

ホールごとにバラバラになりますので、自分の行く店舗ごとに把握しておくことをおすすめします。

パチンコ 最高 負け 額


借りるときのレートはそれぞれホールが定めており、必ずお金を入れるサンドにこのような 単価の表記 がされていると思います。

これがレートであり、パチンコは4円主流が変わっていませんが、スロットは単価が上がり46枚貸し・47枚貸しのホールが増えてきました。

パチンコのレート

4パチ:1玉4円なので1000円で250玉
2パチ:1玉2円なので1000円で500玉
1パチ:1玉1円なので1000円で1000玉

スロットのレート

20スロ:1枚20円なので1000円で50枚
21.27スロ:1枚21.27円なので1000円で47枚
21.73スロ:1枚21.73円なので1000円で46枚
5スロ:1枚5円なので1000円で200枚

少し複雑になりますが、例えば46枚貸しの非等価地域で、1割増しの交換率の地域では大体5.1枚で100円、5.1枚交換のホールが多くなります。

これも交換する際に一番分かりやすいのは、510枚や520枚流してピッタリ1万円返ってくるか、貯メダルが会員カードにある状態だと1万円(大景品2個)だけ交換で~と伝えて何枚減るか見ておけば把握することが出来ます。

ゴールド ラッシュ カジノ


パチンコ・スロットは遊戯とはいえ、何も知らずに遊んでいると間違いなくトータルでどんどん負けていくでしょう。

そして勝つためにはマイナスになるような状態をいかに少なくするかが大事で、このような 非等価の交換率で常に損している ことは知っておかないといけません。

中でもユーザーが損をする大きな原因として、持ち玉・持ちメダルが無く現金投資をし続けているオンラインカジノ デビューですね。

借りるときと交換するときの価値が違うわけですから、もし持ち玉などがあるにも関わらず現金を入れ続けるなどは非等価地域で絶対にやってはいけません。

等価の地域では、交換する際のレートが同じなので、全く気にせず現金を入れると良いのですが、非等価の地域はめちゃくちゃ損します。

ですので、出来る限り再プレイできるホールでは 会員カードを作成して貯玉・貯メダルを持っておく こと。

どれだけ損するのか分からずに、打ち続けても結果は出ないですし、トータルで勝ちを目指すことも難しいので、ライトユーザーでもしっかり把握しておきましょう。

天井狙いでも非等価の現金投資だとかなり期待値が下がるので、立ち回りや機種の勉強をするよりもホールの交換率などを把握する方が先ですね。

パチンコ屋で会員カードを作るメリット、知らないと損する仕組み

パチスロ 勝てる 台


等価の地域では交換率が変わることはそうそう無いですが、非等価の地域ではレート・交換率がコロコロ変わることもあります。

増税の影響で交換率が悪くなり、明らかに利益を取りに来たホールも多く見てきました。

一番たちが悪いのは、交換率も悪い上で玉単価、メダル単価が高くなるオンラインカジノ デビューで、いままでのように打っていると負け額がかなり増えてしまうこともあるでしょう。

46スロなど1000円で46枚しか出てこないのに、交換する際には52枚で1000円というホールだと投資も増えますし、しっかり出さないとプラスになりません。

プロやある程度慣れている人に関しては貯玉・貯メダルの再プレイを心がけているので、普通の非等価と変わりませんが、現金を毎回入れると圧倒的に負けるので、まずはなるべく会員カードの再プレイを心がけること。

初めて行くホールでは、投資がかかるようなミドルタイプのパチンコ、AT機などより 最初は遊パチやAタイプから触ってみる のもおすすめです。

誰でも損したくない気持ちはあるでしょうし、プラマイゼロを目指す、なるべく負けたくないのであれば、しっかりと交換率を把握して余裕を持って遊戯しましょう。

これらの交換率やレートに関しては時代により変化していきますが、パチンコ・パチスロの勝ち方は昔からほとんど変わりませんので、勝ちを目指すなら知っておくべき情報の一つです。